Now stay home but someday travel

(ミュンヘンの発祥の地)聖ペーター教会 Peterskirche

(ミュンヘンの発祥の地)聖ペーター教会 Peterskirche

(観光おすすめ度★★★★☆)聖ペーター教会は、ドイツのミュンヘンにある教会です。
Peterskirche (the Church of St. Peter) is a church in Munich, Germany.

Peterskirche
Peterskirche

聖ペーター教会は、カトリック教会の教区教会です。聖ペーター教会は、ミュンヘン最古の教会であり、おそらくミュンヘン全体の発祥の地です。聖ペーター教会の塔は、「古ペーター」と呼ばれています。1158年のミュンヘンの創設よりも前、8世紀にこの場所に教会がありました。バイエルンのロマネスク様式で建てられた新しい教会が、12世紀の終わりに聖別されましたが、1327年に火事で破壊されました。教会は、ゴシック様式で再建され、1368年に改めて献堂されました。91メートルの塔は、17世紀の初め頃にルネサンス様式の尖塔を得ました。聖歌隊席は、18世紀にバロック様式で再建されました。聖ペーター教会は、第二次世界大戦中の1944~1945年に空襲で破壊され、1946年から再建されました。
The Church of St. Peter is a parish church of the Catholic Church. The church is the oldest church in Munich and presumably the originating point for the whole city. The tower of the church is commonly known as Alter Peter (Old Peter). There was a church on this site in the 8th century before the foundation of the city in 1158. The new church built in the Bavarian Romanesque style was consecrated at the end of the 12th century and was destroyed by a fire in 1327. The church was rebuilt in the Gothic style and was dedicated anew in 1368. The 91 meter tower received its Renaissance steeple top in the early 17th century. The choir was rebuilt in the Baroque style in the 18th century. The church was destroyed by air raids from 1944 to 1945 during the Second World War and was rebuilt from 1946.

ミュンヘン MunichLatest Posts (Category)