Now stay home but someday travel

(旧市街への入口カールス門が立つ)カールス広場 Karlsplatz18

(旧市街への入口カールス門が立つ)カールス広場 Karlsplatz18

(観光おすすめ度★★★★☆)カールス広場は、ドイツのミュンヘンにある広場です。
Karlsplatz (Stachus) is a square in Munich, Germany.

Karlsplatz

カールス広場は、1797年にカール・テオドール(バイエルン選帝侯)から公式に名付けられました。
Karlsplatz (also known as Stachus) was officially named after Charles Theodore (Elector of Bavaria) in 1797.

Karlsplatz
Karlsplatz

カールス広場にそびえる最も重要な建物は、カールス門です。カールス門は、カールス広場の東側、ミュンヘン旧市街の中心の通りの西端に位置しています。カールス門は、元々5つあったうちの3つのゴシックの街の門の生き残りの中で、最も西にあります。既に存在していた最初の街の城壁は、1285~1347年にミュンヘンの新しい守りで補強されました。カールス門は、1302年の文書で述べられていたので、建設の最初の段階で作られたと考えられています。その後、カールス門は、1791年に現在の名前に命名され、1899~1902年にゴシック・リヴァイヴァル様式で再建されました。
The most important building dominating Karlsplatz is Karlstor. The gate is located on the east side of the square and at the western end of the high street of the Munich old town. The gate is the westernmost of 3 remaining gothic town gates out of originally 5. The existing first town walls were supplemented with a new fortification for the city from 1285 to 1347. The gate must have been created during an early stage of that building process because the gate was already mentioned in documents in 1302. Afterwards the gate was renamed the current name in 1791 and was rebuilt in the Gothic Revival style from 1899 to 1902.

ミュンヘン MunichLatest Posts (Category)