Now stay home but someday travel

(ドイツ文化の心)ドイツ・ビール German Beer

(ドイツ文化の心)ドイツ・ビール German Beer

(観光おすすめ度★★★★★)ドイツ・ビールは、ビール純粋令に従って醸造されます。代表例は、ピルスナー(ペールラガー)とヴァイツェン(小麦ビール)です。
German beer is brewed according to the Reinheitsgebot (the German Beer Purity Law). The most typical styles are Pilsner (pale lager) and Weizenbier (wheat bear).

German Beer
German Beer

ビールは、ドイツ文化において重要なものです。ドイツ・ビールは、「原料としては水、ホップ、麦芽のみを許可」し「小麦ビールのように大麦麦芽を使用しないビールは上面発酵でなければならないと規定」するビール純粋令に従って醸造されます。現代のドイツのビール純粋令に最も影響を与えた法令は、1487年にバイエルン・ミュンヘン公国で最初に採用された法令で、バイエルンが再統合された後の1516年にバイエルン公国全体に渡って広まりました。ドイツ・ビールの代表例は、ピルスナーとヴァイツェン(ヴァイスビア)です。ピルスナーは、軽いボディでホップの特徴が際立つペールラガーです。ピルスナーは、市場のおよそ3分の2を占め最も人気があります。ヴァイツェンとヴァイスビアは、小麦ビールに対する最も標準的なドイツ語の名前です(ヴァイツェンはドイツ語で「小麦」、ヴァイスは「白」)。
Beer is a prominent part of German culture. German beer is brewed according to the Reinheitsgebot (the German Beer Purity Law), which permits only water, hops and malt as ingredients and stipulates that beers not exclusively using barley-malt such as wheat beer must be top-fermented. The most influential predecessor of the modern German beer purity law was a law first adopted in Bavaria-Munich in 1487 and was adopted across the entirety of Bavaria in 1516 after Bavaria was reunited. The most typical styles of German beer are Pilsner and Weizenbier (Weißbier). Pilsner is a pale lager with a light body and a more prominent hop character. Pilsner is the most popular style with around 2 3rds of the market. Weizenbier and Weißbier are the standard German names for wheat beer (Weizen is German for wheat and Weiß is German for white).