Now stay home but someday travel

(愛の南京錠)ポンデザール The Pont des Arts

(愛の南京錠)ポンデザール The Pont des Arts

(観光おすすめ度★★☆☆☆)ポンデザールは、フランスのパリにある橋であり、ユネスコ世界遺産「パリのセーヌ河岸」の一部です。
The Pont des Arts is a bridge in Paris, France and is a part of the UNESCO World Heritage Site, Paris, Banks of the Seine.

The Pont des Arts
The Pont des Arts

ポンデザール(芸術橋)は、セーヌ川に架かる歩行者用の橋です。ポンデザールは、ルーヴル宮殿のクール・カレ(方形宮)とフランス学士院を結んでいます。ポンデザールは、第一帝政時代に芸術の宮殿と呼ばれていたルーヴル宮殿にちなんで名付けられました。最初のポンデザールは、ナポレオン・ボナパルトの治世に1802~1804年に建てられました。最初のポンデザールは、パリで初めての金属製の橋でした。ポンデザールは、1979年に、はしけに衝突され崩壊しました。現在のポンデザールは、1981~1984年に建てられました。ポンデザールは、2008~2015年まで「愛の南京錠」の場所でした。これは、名前が書かれた(あるいは彫刻された)南京錠をポンデザールの側面の手すりか鉄格子に取り付け、鍵をポンデザールの下のセーヌ川に投げ込んで、カップルが愛を誓うものでした。愛の南京錠は、フランスの習慣ではなく、2008年の終わりからパリのみで行われました。ポンデザールを覆う南京錠の数は、圧倒的になり、南京錠は他の南京錠の上に取り付けられました。2012年には70万個の南京錠が取り付けられていたと推定されました。2014年までに、南京錠の重さがポンデザールの構造に与える潜在的な損傷の懸念が表明されていました。市当局は、2014年に愛の南京錠を取り付ける代わりにセルフィーをすることを推奨(鍵無し愛キャンペーン)しはじめました。愛の南京錠は、2015年に撤去されました。約45トンの100万以上の南京錠がありました。
The Pont des Arts or Passerelle des Arts (the bridge of arts) is a pedestrian bridge crossing the River Seine. The bridge links the central square (cour carrée) of the Palais du Louvre and the Institut de France. The bridge was named after the palace which had been termed the Palais des Arts (the palace of arts) under the First French Empire. The first bridge was built from 1802 to 1804 under the reign of Napoleon. The bridge was the first metal bridge in Paris. The bridge was rammed by a barge and suffered a collapse in 1979. The present bridge was built from 1981 to 1984. The bridge was the place of love locks from 2008 until 2015. This was a romantic gesture to represent a committed love of couples by attaching padlocks with their first names written or engraved on them to the railing or the grate on the side of the bridge and by throwing the key into the river below. The gesture is not a French tradition and had only been taking place in Paris since the end of 2008. The number of locks covering the bridge became overwhelming and the locks were attached upon other locks. It was estimated that there were over 700,000 locks in 2012. Concern was being expressed about the possible damage the weight of the locks were doing to the structure of the bridge by 2014. The city office began to encourage tourists to take selfies instead of leaving love locks (the Love Without Locks campaign) in 2014. The locks were removed in 2015. There were over a million locks weighing approximately 45 tons. 

パリ ParisLatest Posts (Category)