Now stay home but someday travel

(ローマ時代の大浴場)シミエ・ローマン・バス The Roman Baths of Cimiez

(ローマ時代の大浴場)シミエ・ローマン・バス The Roman Baths of Cimiez

(観光おすすめ度★★★★☆)シミエ・ローマン・バスは、フランスのニースにある遺跡です。
The Roman Baths of Cimiez is a complex of ruins in Nice, France.

The Roman Baths of Cimiez
The Roman Baths of Cimiez
The Roman Baths of Cimiez
The Roman Baths of Cimiez
The Roman Baths of Cimiez
The Roman Baths of Cimiez

シミエ・ローマン・バスは、古代ローマ都市の公衆浴場施設です。シミエ競技場と同様、北の浴場のフリギダリウム(公衆浴場で熱い風呂を楽しんだ後に入る大きな冷水のプールがある部屋)の遺跡は、ローマ時代から常に姿を見せていて土に覆われることはありませんでした。フリギダリウムは、アポローン神殿と誤って呼ばれていました。2ヘクタールの面積に渡る3つの浴場施設が、1954~1970年についに発見されました。浴場施設は、1世紀または2世紀にさかのぼるようです。また、教会、洗礼堂、司教の住居が、5世紀に建てられました。シミエ・ローマン・バスの隣には、シミエ考古学博物館が立っています。シミエ考古学博物館は、1960年にマティス美術館の地上階に設立され、1989年に現在の現代的な建物に移設されました。
The Roman Baths of Cimiez were a cluster of thermal bath complexes of the ancient Roman city. The ruins of the frigidarium of the north baths (as well as the Arena of Cimiez) have always been visible and have never been covered since the Roman times. The frigidarium was wrongly called Temple of Apollo. 3 thermal bath complexes over an area of 2 hectares were finally found from 1954 to 1970. The bath complexes seem to date from the 1st century or the 2nd century. And also a church, a baptistery and a residence of a bishop were built in the 5th century. Next to the bath complexes stands the Archaeological Museum of Cimiez. The museum was established in 1960 in the ground floor of the current Matisse Museum and was transferred to the current modern building in 1989.

ニース NiceLatest Posts (Category)