Now stay home but someday travel

(西ヨーロッパ最大の正教の教会)ウスペンスキー大聖堂 Uspenski Cathedral

(西ヨーロッパ最大の正教の教会)ウスペンスキー大聖堂 Uspenski Cathedral

(観光おすすめ度★★★★★)ウスペンスキー大聖堂は、フィンランドのヘルシンキにある大聖堂です。
Uspenski Cathedral is a place in Helsinki, Finland.

Uspenski Cathedral
Uspenski Cathedral

ウスペンスキー大聖堂は、正教会の大聖堂で、西ヨーロッパでは最も大きな正教の教会と言われています。ウスペンスキー大聖堂は、ビザンティン・リヴァイヴァル様式で1862~1868年に建てられました。キリストと十二使徒を表す13個の黄金のタマネギドームがあります。黄金のタマネギドームをいただくこの大聖堂は、フィンランドの歴史へのロシアの影響の最も明らかな象徴の一つです。
Uspenski Cathedral is a cathedral of the Orthodox Church and is claimed to be the largest Orthodox church in Western Europe. The cathedral was built in the Byzantine Revival style from 1862 to 1868. There are 13 golden onion domes representing Christ and the Twelve Apostles. This cathedral crowned with the golden onion domes is one of the clearest symbols of the Russian impact on Finnish history.

Uspenski Cathedral
Uspenski Cathedral
Uspenski Cathedral
Uspenski Cathedral
Uspenski Cathedral

ウスペンスキー大聖堂は、至聖生神女の就寝に献堂されています。ウスペンスキー大聖堂には、たくさんの荘厳なイコンがあります(そのうちの一つは、奇跡を起こすと信じられています)。
Uspenski Cathedral is dedicated to the Dormition of the Theotokos (the Virgin Mary). The cathedral has many majestic icons (One of the icons is believed to work miracles).

ヘルシンキ HelsinkiLatest Posts (Category)