Now stay home but someday travel

(幸せレストラン)かもめ食堂 Ravintola Kamome

(幸せレストラン)かもめ食堂 Ravintola Kamome

(観光おすすめ度★☆☆☆☆)かもめ食堂は、フィンランドのヘルシンキにあるレストランです。
Ravintola Kamome (Seagull Restaurant) is a restaurant in Helsinki, Finland.

Ravintola Kamome
Ravintola Kamome
Ravintola Kamome
Ravintola Kamome
Ravintola Kamome
Ravintola Kamome

かもめ食堂は、2006年公開の日本のコメディ映画「かもめ食堂」が撮影された小さなレストランです。このレストランは、元々は「カハヴィラ・スオミ(フィンランド・カフェ)」という地元の人々のカフェでしたが、2015年に現在のオーナーがレストランを引き継いだ際に、本当に「かもめ食堂」(http://kamome.fi/)の名前になりました。これらの写真は実際には2014年に撮影しましたが、当時も映画のロゴやポスターが窓に飾られていました。
Ravintola Kamome (Seagull Restaurant) (http://kamome.fi/) is a small restaurant where a 2006 Japanese comedy film Kamome Shokudo (Seagull Restaurant in English) was filmed. This restaurant was originally a local cafe named Kahvila Suomi (Finland Cafe in English) but the name really became the current name when the present owner took over the restaurant in 2015. Actually these above photographs were taken in 2014 that but a logo and a poster from the film were already displayed on the window.

Ravintola Kamome
Ravintola Kamome

映画「かもめ食堂」は、ヘルシンキの小さなレストランで手作りの美味しい日本のソウルフードを作る日本人女性(小林聡美主演)の物語です。彼女は、たくさんの苦労をしながら、お客を呼ぼうと働き、最後には、愛情とフィンランド人と日本人の友人の手助けのおかげで、おもてなしと人情溢れる暖かい場所を作り出すことができたのでした。
The story of the film Kamome Shokudo is about a Japanese woman (played by Satomi Kobayashi) who served handmade and tasty Japanese soul food at her small restaurant in Helsinki. She tried to attract customers to her restaurant with much trouble. She finally succeeded in creating a place which provides much hospitality and humanity thanks to love and some help of Finnish and Japanese friends.

ヘルシンキ HelsinkiLatest Posts (Category)