Now stay home but someday travel

(純白の大聖堂)ヘルシンキ大聖堂 Helsinki Cathedral

(純白の大聖堂)ヘルシンキ大聖堂 Helsinki Cathedral

(観光おすすめ度★★★★★)ヘルシンキ大聖堂は、フィンランドのヘルシンキにある大聖堂です。
Helsinki Cathedral is a cathedral in Helsinki, Finland.

Helsinki Cathedral
Helsinki Cathedral
Helsinki Cathedral

ヘルシンキ大聖堂は、フィンランド福音ルター派教会の大聖堂です。ヘルシンキ大聖堂は、元々はロシア皇帝ニコライ1世(フィンランド大公でもあった)のために、新古典主義様式で1830~1852年に建てられました。この純白の大聖堂は、緑色のドームを持ち、また、屋根の上に十二使徒の真鍮の像が立っています。
Helsinki Cathedral is a cathedral of the Evangelical Lutheran Church of Finland. The cathedral was originally built in the Neoclassical style from 1830 to 1852 for Nicholas I of Russia (also the Grand Duke of Finland). This snow white cathedral has green domes and also zinc statues of the Twelve Apostles standing on the roof.

Helsinki Cathedral
Helsinki Cathedral

ヘルシンキ大聖堂の見取図は、ギリシャ十字(正方形の中心と4つの等辺の腕)で、4つの方角(東西南北)それぞれにおいて対称になっています。ヘルシンキ大聖堂の内装は、思いの外、質素です。
The plan of Helsinki Cathedral is a Greek cross (a square centre and 4 equilateral arms) and is symmetrical in each of the 4 cardinal directions. The interior of the cathedral is unexpectedly simple.

ヘルシンキ HelsinkiLatest Posts (Category)