Now stay home but someday travel

(タリン旧市街の中心)タリン市庁舎 The Tallinn Town Hall

(タリン旧市街の中心)タリン市庁舎 The Tallinn Town Hall

(観光おすすめ度★★★★★)タリン市庁舎は、エストニアのタリンにある市庁舎であり、ユネスコ世界遺産「タリン歴史地区」の一部です。
The Tallinn Town Hall is a town hall in Tallinn, Estonia and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre (Old Town) of Tallinn.

The Tallinn Town Hall
The Tallinn Town Hall
The Tallinn Town Hall
The Tallinn Town Hall

タリン市庁舎は、タリン旧市街の中心に位置しています。タリンの市庁舎は、少なくとも1332年以来存在しています。市庁舎は、1402~1404年に現在の姿に改築されました。このゴシック様式の市庁舎は、現在では、市の儀式的な建物として、またコンサートホールとしても、使用されています。7~8月は博物館として一般開放されています。6~8月には64メートルの塔に上ることができます。
The Tallinn Town Hall is located in the centre of the Tallinn Old Town. There has been a town hall since at least 1322. The town hall was rebuilt from 1402 to 1404 into its current form. This Gothic town hall functions as the ceremonial building of the city government and also serves as a concert hall. In July and August the town hall is open to visitors as a museum. From June to August visitors can climb up the 64 metre tower.

The Tallinn Town Hall
The Tallinn Town Hall
The Tallinn Town Hall

中世の人々が、市庁舎の入口で訪問者をお出迎えしています。
Medieval people welcome visitors at the entrance of the Town Hall.

The Tallinn Town Hall

市庁舎の風見のオリジナルが、市庁舎内に展示されています。風見は、1530年に市庁舎の尖塔の天辺に設置されました。風見は、トーマス爺さんと呼ばれる老戦士の像であり、タリンのシンボルです。
The original of the weather vane of the Town Hall is displayed inside of the town hall. The weather vane was put on the the top of the spire in 1530. The weather vane is a figure of an old warrior called Old Thomas and is the symbol for Tallinn.

The Tallinn Town Hall

市民の間と呼ばれる大きなホールは、100人が入ることができ、音楽会に使うことができるピアノがあります。市民の間は、彩られた矢はず模様の八角柱の柱で支えられ、6つのアーチ天井があります。市民の間には、ソロモン王の物語を描いたタペストリーが展示されています。オリジナルのタペストリーは、1547年に作られました。
The big hall called the Citizens Hall is capable of 100 people and also has a piano that can be used for musical performances. The hall is supported by coloured herringbone patterned octagonal prism pillars and has 6 vaults. The hall displays copies of the tapestries depicting the story of King Solomon. The original tapestries were made in 1547.

The Tallinn Town Hall
The Tallinn Town Hall
The Tallinn Town Hall

議会の間には、目を見張る木彫りが特徴的な有名な中世のゴシックな長椅子があります。最古の長椅子には、片方の側面にトリスタンとイゾルデの物語、もう一方の側面にライオンと戦うサムソンが、描かれています。もう一つの長椅子には、片方の側面にダビデとゴリアテ、もう一方の側面の上にはサムソンとデリラ、下にはアリストテレスに馬乗りになっているフィリスが、描かれています
The Council Chamber houses famed medieval Gothic benches featuring striking carvings. The oldest bench depicts the story of Tristan and Isolde on one side and Samson’s fight with the lion on another side. Another bench depicts David and Goliath on one side and Samson and Delilah on the upper of another side and Aristotle and Phyllis on the lower of the side.

The Tallinn Town Hall
The Tallinn Town Hall

急勾配の屋根裏部屋には、市庁舎の建築に係る展示があります。
The steeply sloped attic has an exhibition on the architecture of the Town Hall.

Raekoja Plats
Raekoja Plats
Tallinn

市庁舎から、ラエコヤ広場(市庁舎広場)や旧市街の町並みを見渡すことができます。
The Town Hall overlooks Raekoja Plats (the Town Hall Square) and the townscape of the Old Town.

The Tallinn Town Hall
The Tallinn Town Hall
The Tallinn Town Hall
The Tallinn Town Hall
The Tallinn Town Hall
The Tallinn Town Hall
The Tallinn Town Hall
The Tallinn Town Hall
The Tallinn Town Hall
The Tallinn Town Hall
The Tallinn Town Hall

市庁舎には、様々な時代の様々な人々を再現している人形や中世の街を表している模型など、タリンの歴史を教えるたくさんの展示があります。
The Town Hall has many displays telling the history of Tallinn such as figures reproducing various people of various times and models depicting the medieval town.

タリン TallinnLatest Posts (Category)