Now stay home but someday travel

(正教の大聖堂)アレクサンドル・ネフスキー大聖堂 The Alexander Nevsky Cathedral

(正教の大聖堂)アレクサンドル・ネフスキー大聖堂 The Alexander Nevsky Cathedral

(観光おすすめ度★★★★☆)アレクサンドル・ネフスキー大聖堂は、エストニアのタリンにある大聖堂であり、ユネスコ世界遺産「タリン歴史地区」の一部です。
The Alexander Nevsky Cathedral is a cathedral in Tallinn, Estonia and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre (Old Town) of Tallinn.

The Alexander Nevsky Cathedral
The Alexander Nevsky Cathedral
The Alexander Nevsky Cathedral
The Alexander Nevsky Cathedral

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂は、1242年の「氷上の決戦(ペイプシ湖上の戦い)」(ペイプシ湖は現在のエストニアの領海内)に勝利した聖アレクサンドル・ネフスキーに献堂されている正教の大聖堂です。アレクサンドル・ネフスキー大聖堂は、ロシア化の時代の最中の1901年にロシア帝国によってロシア・リヴァイヴァル様式で建てられ、エストニア人にとって伝説の地であるトームペアの丘の上にいただいています。それゆえ、アレクサンドル・ネフスキー大聖堂は、抑圧の象徴として多くのエストニア人に嫌われていました。その後、ソビエト社会主義共和国連邦は公に無宗教でしたので、他の教会と同様にアレクサンドル・ネフスキー大聖堂は衰退したままとなりました。現在では、1991年にエストニアがソビエト連邦から独立をした以降、アレクサンドル・ネフスキー大聖堂は、注意深く修復されています。
The Alexander Nevsky Cathedral is a cathedral of the Orthodox Church dedicated to St. Alexander Nevsky (who won the Battle of the Ice on Lake Peipus (in the territorial waters of current Estonia) in 1242). The cathedral was built in the Russian Revival style by the Russian Empire in 1901 during the period of Russification and crowns the hill of Toompea which is the legendary place for Estonians. Therefore the cathedral was disliked by many Estonians as a symbol of oppression. Afterwards the cathedral as well as other churches was left to decline as the Union of Soviet Socialist Republics was officially nonreligious. Now the cathedral has been carefully restored since Estonia regained independence from the Soviet Union in 1991.

タリン TallinnLatest Posts (Category)