Now stay home but someday travel

(そびえ立つ巨大な塔)聖オレフ教会 St. Olaf’s Church

(そびえ立つ巨大な塔)聖オレフ教会 St. Olaf’s Church

(観光おすすめ度★★★★☆)聖オレフ教会は、エストニアのタリンにある教会であり、ユネスコ世界遺産「タリン歴史地区」の一部です。
St. Olaf’s Church (St. Olav’s Church) is a church in Tallinn, Estonia and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre (Old Town) of Tallinn.

St. Olaf's Church

聖オレフ教会は、元々、12世紀に建てられ1219年にデンマークがタリンを征服する以前の古いスカンディナヴィア人社会の中心だったと考えられています。このゴシック様式の教会は、ノルウェー王オレフ2世(聖オレフとしても知られる)に献堂されています。聖オレフ教会の塔は、1549~1625年に世界で最も高い建物であったとも言われています。聖オレフ教会の塔は10回ほど雷を受けたことがあり、聖オレフ教会全体は3回焼け落ちています。聖オレフ教会の塔は、現在、高さ123.7メートルです。聖オレフ教会は、1950年にバプテスト教会になりました。
It is believed that originally St. Olaf’s Church (St. Olav’s Church) was built in the 12th century and was the centre for old Scandinavian community before Denmark conquered Tallinn in 1219. This Gothic church was dedicated to King Olaf II of Norway (also known as St. Olaf). It is claimed that the church tower was the tallest buildings in the world from 1549 to 1625. The church tower has been hit by lightning around ten times and the whole church has burned down 3 times. The church tower is now 123.7 metres high. The church became a Baptist church in 1950.

St. Olaf's Church
St. Olaf's Church
St. Olaf's Church

聖オレフ教会の内部は、簡素で静かです。
The interior of St. Olaf’s Church is simple and quiet.

タリン TallinnLatest Posts (Category)