(タリン最古)聖カタリーナ修道院 St. Catherine’s Monastery

(タリン最古)聖カタリーナ修道院 St. Catherine’s Monastery

(観光おすすめ度★★★☆☆)聖カタリーナ修道院は、エストニアのタリンにある遺跡であり、ユネスコ世界遺産「タリン歴史地区」の一部です。
St. Catherine’s Monastery (Püha Katariina klooster) is a complex of ruins in Tallinn, Estonia and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre (Old Town) of Tallinn.

St. Catherine's Monastery

聖カタリーナ修道院は、かつてのドミニコ修道院で、タリンで最も古い建物の一つです。ドミニコ修道院が、少なくとも1246年にはこの場所に存在していたことが知られています。ドミニコ修道院は、宗教改革の最中、1524年に破壊されました。
St. Catherine’s Monastery (Püha Katariina klooster) is a former Dominican monastery. The building is one of the oldest buildings in Tallinn. A Dominican monastery is known to have existed at the site since at least 1246. The monastery was destroyed in 1524 during the Reformation.

St. Catherine's Monastery
St. Catherine's Monastery
St. Catherine's Monastery
St. Catherine's Monastery
St. Catherine's Monastery
St. Catherine's Monastery
St. Catherine's Monastery

聖カタリーナの通路は、カタリーナ・ギルドの拠点です。カタリーナ・ギルドは、昔ながらの方法を用いる芸術家と職工たちです。カタリーナ・ギルドは、硝子細工、帽子、キルト、陶器、宝石、絹などの工芸品を製作し販売しています。
St. Catherine’s Passage is the home of Katariina Guild. They are artists and artisans who use traditional methods. They create and sell craft products such as glassware, hats, quilts, ceramics, jewellery, silk and other wares.