Now stay home but someday travel

(トームペアの短い足)リュヒケヤルク通り Lühike Jalg

(トームペアの短い足)リュヒケヤルク通り Lühike Jalg

(観光おすすめ度★★★☆☆)リュヒケヤルク通りは、エストニアのタリンにある通りであり、ユネスコ世界遺産「タリン歴史地区」の一部です。
Lühike Jalg is a street in Tallinn, Estonia and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre (Old Town) of Tallinn.

Lühike Jalg
Lühike Jalg
Lühike Jalg
Lühike Jalg

リュヒケヤルク通りは、上の街であるトームペアに続く一連の階段の通りです。リュヒケヤルク通りの名前は、「短い足」の意味です。リュヒケヤルク通りはトームペアの短い足であり、リュヒケヤルク通りに並行して走る長い足もあります。
Lühike Jalg is a street with a series of staircases leading to the upper town Toompea. The name of the street means a short leg. The street is a short leg of the upper town and there is also a long leg (Pikk Jalg) running arallel to the street.

タリン TallinnLatest Posts (Category)