Now stay home but someday travel

(中世のブリュッセルの市門)アル門 The Porte de Hal

(中世のブリュッセルの市門)アル門 The Porte de Hal

(観光おすすめ度★★★☆☆)アル門は、ベルギーのブリュッセルにある市門です。
The Porte de Hal (the Halle Gate) is a city gate in Brussels, Belgium.

The Porte de Hal

アル門は、中世の要塞化されたブリュッセルの第2の城壁の市門です。アル門は、1381年に建てられました。他の6つの門や城壁は撤去された一方、アル門は(監獄として使用され)生き残りました。アル門は、1868~1870年にゴシック・リヴァイヴァル様式で、修復されました。
The Porte de Hal (the Halle Gate) is a medieval fortified city gate of the second walls of Brussels. The gate was built in 1381. The gate survived (as the gate was used as a prison) while the other 6 gates and the defensive walls were demolished. The gate was restored from 1868 to 1870 in the Gothic Revival style.

ブリュッセル BrusselsLatest Posts (Category)