Now stay home but someday travel

(フリーマーケットが毎日開かれる)ジュ・ド・バル広場 The Place du Jeu de Balle

(フリーマーケットが毎日開かれる)ジュ・ド・バル広場 The Place du Jeu de Balle

(観光おすすめ度★★☆☆☆)ジュ・ド・バル広場は、ベルギーのブリュッセルにある広場です。
The Place du Jeu de Balle is a square in Brussels, Belgium.

The Place du Jeu de Balle
The Place du Jeu de Balle

ジュ・ド・バル広場は、1853年に作られました。ジュ・ド・バル広場は、フランス語の名前の通り、元々、球技のジュ・ド・バル(19世紀のブリュッセルでとても人気があった)の練習のための広場でした。無原罪の御宿りの教区教会(カトリック教会)が、1854~1862年にジュ・ド・バル広場の北西に面してロマネスク・リヴァイヴァル様式で建てられました。フリーマーケットが、1873年にジュ・ド・バル広場に移転してきて、今なお続いています。フリーマーケットは、週7日、1年365日、開催されており、500の露店があります。
The Place du Jeu de Balle was laid out in 1853. The square was originally destined for the practice of the ball game Jeu de balle or Balle pelote (which was very popular in Brussels in the 19th century) as its French name indicates. The Parish Church of the Immaculate Conception (the Catholic Church) was built in the Romanesque Revival style on the northwest of the square from 1854 to 1862. A flea market moved to the square in 1873 and is still on the square. The flea market opens seven days a week and 365 days a year (from 6am to 2pm on weekdays and from 6am to 3pm on weekends). The flea market has 500 stalls and shops.

ブリュッセル BrusselsLatest Posts (Category)