Now stay home but someday travel

(新古典主義様式の王宮)ブリュッセル王宮 The Palais Royal de Bruxelles

(新古典主義様式の王宮)ブリュッセル王宮 The Palais Royal de Bruxelles

(観光おすすめ度★★★★★)ブリュッセル王宮は、ベルギーのブリュッセルにある王宮です。
The Palais Royal de Bruxelles (the Royal Palace of Brussels) is a palace in Brussels, Belgium.

The Palais Royal de Bruxelles
The Palais Royal de Bruxelles

ブリュッセル王宮は、ベルギーの国王と女王の公式の宮殿です。しかし、国王と王室の方々はブリュッセル郊外のラーケンの王宮に住まわれており、ブリュッセル王宮は王室の住まいとして用いられていません。この地における最初の宮殿は、1100年頃にさかのぼります。続く数世紀、ブラバント公とその後継者達、すなわち、ブルゴーニュ公、神聖ローマ帝国皇帝カール5世、アルブレヒト7世・フォン・エスターライヒとイサベル・クララ・エウヘニア・デ・アウストリア、歴代のハプスブルク家ネーデルラントの統治者達の威光の増大に即して、宮殿は、再建され、拡張され、改良されました。王宮は1731年に焼失し、新しい建物は1773~1780年に建てられました。新古典主義様式の王宮は、レオポルド2世によって、王が亡くなる1909年まで、拡張され装飾されました。
The Palais Royal de Bruxelles (the Royal Palace of Brussels) is the official palace of the King and Queen of the Belgians. However, the palace is not used as a royal residence as the king and his family live in the Royal Palace of Laeken on the outskirts of Brussels. The first palace on the site dates from about 1100. In the following centuries the palace was rebuilt, extended and improved in line with the increased prestige of the Dukes of Brabant and their successors, namely, the Dukes of Burgundy, Charles V of the Holy Roman Empire, Archduke Albert VII of Austria and Isabella Clara Eugenia and successive Governors of the Habsburg Netherlands. The palace burnt down in 1731 and the new buildings were built from 1773 to 1780. The palace in the Neoclassical style was enlarged and embellished by Leopold II until his death in 1904.

ブリュッセル BrusselsLatest Posts (Category)