Now stay home but someday travel

(19世紀に建設された最も大きな建物の一つ)司法宮 The Palais de Justice

(19世紀に建設された最も大きな建物の一つ)司法宮 The Palais de Justice

(観光おすすめ度★★★★★)司法宮は、ベルギーのブリュッセルにある裁判所です。
The Palais de Justice (the Palace of Justice) is a court of justice in Brussels, Belgium.

The Palais de Justice

司法宮またはブリュッセル最高裁判所は、1866~1883年に折衷主義で建てられました。司法宮は、19世紀に建設された最も大きな建物と言われ、ブリュッセルの有名なランドマークです。司法宮の建設は、レオポルド2世の治世に行われましたが、レオポルド2世は、ほとんど興味を示しませんでした。したがって、司法宮は、レオポルド2世のブリュッセルの広範な建築計画または建設王としてのレオポルド2世の遺産の一部とは、考えられてはいません。
The Palais de Justice (the Palace of Justice) or Law Courts of Brussels was built from 1866 to 1883 in the eclectic style. The building is reputed to be the largest building constructed in the 19th century and is a notable landmark of Brussels. The construction took place during the reign of Leopold II but he showed little interest in the building. Therefore, the building is not considered part of his extensive architectural program for the city or his legacy as the Builder-King.

ブリュッセル BrusselsLatest Posts (Category)