Now stay home but someday travel

(古いゴシック様式の教会)ノートルダム・ド・ラ・シャペル教会 The Église Notre-Dame-de-la-Chapelle

(古いゴシック様式の教会)ノートルダム・ド・ラ・シャペル教会 The Église Notre-Dame-de-la-Chapelle

(観光おすすめ度★★★☆☆)ノートルダム・ド・ラ・シャペル教会(聖母マリア礼拝堂の教会)は、ベルギーのブリュッセルにある教会です。
The Église Notre-Dame-de-la-Chapelle (the Church of Our Lady of the Chapel) is a church in Brussels, Belgium.

The Église Notre-Dame-de-la-Chapelle
The Église Notre-Dame-de-la-Chapelle

ノートルダム・ド・ラ・シャペル教会(聖母マリア礼拝堂の教会)は、カトリック教会の教会で、礼拝堂教会としても知られています。ノートルダム・ド・ラ・シャペル教会は、ルーヴァン伯ジョフロワ1世によって1134年に創設されました。現在のゴシック様式の構造物は、13世紀にさかのぼります。構造物の一部は、アウクスブルク同盟戦争の最中の1695年に、フランス軍によって損害を受けました。ノートルダム・ド・ラ・シャペル教会は、1866年、1989年に再び、修復されました。
The Église Notre-Dame-de-la-Chapelle (the Church of Our Lady of the Chapel) is a church of the Catholic Church and is also known as the Église de la Chapelle (the Chapel Church). The church was founded in 1134 by Godfrey I of Leuven. The present structure in the Gothic style dates from the 13th century. Part of the structure was damaged by the French forces in 1695 during the War of the League of Augsburg. The church was restored in 1866 and again in 1989.

ブリュッセル BrusselsLatest Posts (Category)