Now stay home but someday travel

(薄切りの子牛のカツレツ)ヴィーナー・シュニッツェル Wiener Schnitzel

(薄切りの子牛のカツレツ)ヴィーナー・シュニッツェル Wiener Schnitzel

(観光おすすめ度★★★★★)ヴィーナー・シュニッツェルは、オーストリアの食べ物です。
Wiener Schnitzel is an Austrian food.

Wiener Schnitzel

ヴィーナー・シュニッツェルは、オーストリアの国民食の一つです。ヴィーナー・シュニッツェルは、薄切りの子牛のカツレツで、伝統的に薄切りレモン、ポテトサラダかジャガイモ、パセリとバターを付け合せます。比較的あっさりしており、日本人の口にも自然に合うと思います。ヨーゼフ・ラデツキー元帥が1857年に北イタリアからウィーンにレシピを持ち帰ったと言われています(2007年に言語学者がこの話は創作であると指摘していますが)。
Wiener Schnitzel is one of the national dishes of Austria.The dish is deep-fried breaded veal cutlets and is traditionally garnished with a slice of lemon and either potato salad or potatoes with parsley and butter. The dish is relatively light and I think Japanese may like it naturally. It is said field marshal Joseph Radetzky von Radetz brought the recipe from Italy to Vienna in 1857 (and yet in 2007 a linguist pointed out that this story had been invented).

Czech Schnitzel

シュニッツェルは、オーストリアに起源を持ちますが、現在は多くの国で親しまれています。シュニッツェルは、子牛肉、牛肉、羊肉、豚肉、鶏肉、七面鳥肉を用いて作られます。この写真は、チェコのシュニッツェルです。
Schnitzel originated in Austria and now is popular in many countries. Schnitzel is made using either veal, beef, mutton, pork, chicken or turkey. This picture shows Czech Schnitzel.