Now stay home but someday travel

(音楽の都ウィーンが誇る歌劇場)ウィーン帝立・王立宮廷歌劇場 The Wiener Hofoper

(音楽の都ウィーンが誇る歌劇場)ウィーン帝立・王立宮廷歌劇場 The Wiener Hofoper

(観光おすすめ度★★★★★)ウィーン帝立・王立宮廷歌劇場は、オーストリアのウィーンにある歌劇場であり、ユネスコ世界遺産「ウィーン歴史地区」の一部です。
The Wiener Hofoper (the Vienna Court Opera) is an opera house in Vienna, Austria and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Vienna.

The Wiener Hofoper

ウィーン帝立・王立宮廷歌劇場は、リングシュトラーゼ(ウィーン旧市街を囲みフランツ・ヨーゼフ1世の下で19世紀後半に建設されたブールバール)の最初の主要な建築物でした。ウィーン帝立・王立宮廷歌劇場は、1861~1869年にフランツ・ヨーゼフ1世によってルネサンス・リバイバル様式で建てられました。ウィーン帝立・王立宮廷歌劇場は、オーストリア第一共和国が建国された後、1920年にウィーン国立歌劇場と改名されました。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の構成員は、ウィーン国立歌劇場管弦楽団から選ばれます。
The Wiener Hofoper (the Vienna Court Opera) was the first major building on the Ringstraße (the Ring Road, the boulevard surrounding the old town of Vienna and constructed under Franz Joseph I during the latter half of the 19th century). The opera house was built in the Renaissance Revival style by Franz Joseph I from 1861 to 1869. The opera house was renamed the Wiener Staatsoper the Vienna State Opera) in 1920 after the First Austrian Republic was created. The members of the Vienna Philharmonic are selected from the orchestra of the opera house.

ウィーン ViennaLatest Posts (Category)