Now stay home but someday travel

(ウィーン最古の教会とも言われる)聖ペーター教会 The Peterskirche

(ウィーン最古の教会とも言われる)聖ペーター教会 The Peterskirche

(観光おすすめ度★★★☆☆)聖ペーター教会は、オーストリアのウィーンにある教会であり、ユネスコ世界遺産「ウィーン歴史地区」の一部です。
The Peterskirche (St. Peter’s Church) is a church in Vienna, Austria and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Vienna.

The Peterskirche

聖ペーター教会(聖ペトロ教会)は、カトリックの教区教会です。聖ペーター教会は、支持する根拠はないのですが、800年頃にシャルルマーニュ(フランク王国の王、カール大帝またはカール1世としても知られている)によって設立されたと信じられています。聖ペーター教会は、伝統的には聖ルーペルト教会がそうであると考えられていますが、ウィーン最古の教会でありえます。いずれにしても、ウィーンにおける聖ペトロの教会は、1137年に初めて叙述されました。現在の教会は、1733年にバロック様式で完成しました。
The Peterskirche (St. Peter’s Church) is a parish church of the Catholic Church. The church is believed to have been established by Charlemagne (King of the Franks and also known as Charles the Great or Charles I) around 800 though there is no evidence supporting this view. The church could be the oldest church in Vienna though traditionally St. Rupert’s Church is considered to be the oldest church in the city. Anyway a church of Saint Peter in Vienna is first mentioned in 1137. The current church was completed in 1733 in the Baroque style.

ウィーン ViennaLatest Posts (Category)