Now stay home but someday travel

(ウィーンに数少ないロマネスク様式の建物)聖ミヒャエル教会 The Michaelerkirche

(ウィーンに数少ないロマネスク様式の建物)聖ミヒャエル教会 The Michaelerkirche

(観光おすすめ度★★★★☆)聖ミヒャエル教会は、オーストリアのウィーンにある教会であり、ユネスコ世界遺産「ウィーン歴史地区」の一部です。
The Michaelerkirche (St. Michael’s Church) is a church in Vienna, Austria and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Vienna.

The Michaelerkirche

聖ミヒャエル教会は、カトリック教会の教会です。聖ミヒャエル教会は、ウィーンにおける最も古い教会の一つであり、ウィーンにおける数少ない現存するロマネスク様式の建物の一つです。聖ミヒャエル教会は、かつては宮中を管轄する教区教会であり、「いと高きミヒャエル教会」と呼ばれました。聖ミヒャエル教会は、1220~1240年頃にさかのぼる後期ロマネスク様式および初期ゴシック様式の建物です。ファサードは、1792年に新古典主義様式で建てられました。
The Michaelerkirche (St. Michael’s Church) is a church of the Catholic Church. The church is one of the oldest churches in Vienna and is also one of a few remaining Romanesque buildings in the city. The church used to be the parish church of the Imperial Court and was called Zum heiligen Michael. The church is a late Romanesque and early Gothic building dating from about between 1220 and1240. The present facade was built in the Neoclassical style in 1792.

ウィーン ViennaLatest Posts (Category)