Now stay home but someday travel

(ウィーン中心部で最も有名な通りの一つ)グラーベン The Graben

(ウィーン中心部で最も有名な通りの一つ)グラーベン The Graben

(観光おすすめ度★★★★★)グラーベンは、オーストリアのウィーンにある通りであり、ユネスコ世界遺産「ウィーン歴史地区」の一部です。
The Graben is a street in Vienna, Austria and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Vienna.

The Graben

グラーベンは、ウィーン中心部で最も有名な通りの一つです。グラーベンの名前は、ローマ人の居住地ウィンドボナの城壁の前の堀に由来しています。
The Graben is one of the most famous streets in the centre of Vienna. The name of the street derives from the trench which stood in front of the walls of the Roman settlement of Vindobona.

The Graben

グラーベンには、それぞれ1455年と1561年にさかのぼる2つの噴水があります。噴水は、神聖ローマ帝国皇帝レオポルト1世によって建て直され、それぞれナザレのヨセフとレオポルト1世の彫刻によって飾られました。
The Graben has 2 fountains dating from 1455 and 1561 respectively. The 2 fountains were rebuilt by Leopold I of the Holy Roman Empire in the 17th century and were adorned with sculptures of St. Joseph and Leopold I respectively.

The Graben
The Graben

グラーベンには、また、ペスト記念柱または聖三位一体柱があります。ペスト記念柱または聖三位一体柱は、1679年のペスト大流行の後、神聖ローマ帝国皇帝レオポルト1世によって立てられ、1693年に落成しました。このバロック様式の記念碑は、ウィーンの最も卓越した彫刻作品の一つです。
The Graben has also the Plague Column (Pestsäule) or Trinity Column (Dreifaltigkeitssäule). The column was erected by Leopold I of the Holy Roman Empire after the Great Plague epidemic in 1679 and was inaugurated in 1693. This Baroque memorial is one of the most prominent sculptural pieces of art in Vienna.

ウィーン ViennaLatest Posts (Category)