Now stay home but someday travel

(偉大なる女帝を記念する広場)マリア・テレジア広場 Maria-Theresien-Platz

(偉大なる女帝を記念する広場)マリア・テレジア広場 Maria-Theresien-Platz

(観光おすすめ度★★★★☆)マリア・テレジア広場は、オーストリアのウィーンにある広場であり、ユネスコ世界遺産「ウィーン歴史地区」の一部です。
Maria-Theresien-Platz is a square in Vienna, Austria and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Vienna.

Maria-Theresien-Platz

マリア・テレジア広場は、1889年にフランツ・ヨーゼフ1世によって建てられました。女帝マリア・テレジアを表した大きな像が、広場の中心に立っています。
Maria-Theresien-Platz was built by Franz Joseph I in 1889. A large statue depicting Empress Maria Theresa stands at the centre of the square.

Maria-Theresien-Platz

自然史博物館が、マリア・テレジア広場の北側に立っています。自然史博物館は、1871~1891年にフランツ・ヨーゼフ1世によって建てられました。
The Naturhistorisches Museum (the Natural History Museum) stands on the north of Maria-Theresien-Platz. The museum was built by Franz Joseph I from 1871 to 1891.

Maria-Theresien-Platz
Maria-Theresien-Platz

美術史美術館が、マリア・テレジア広場の南側に立っています。美術史美術館と自然史博物館は、同じような外見をしていて、マリア・テレジア広場を挟んで対面しています。美術史博物館は、自然史博物館とともに、1871~1891年にフランツ・ヨーゼフ1世によって建てられました。
The Kunsthistorisches Museum (the Museum of Art History) stands on the south of Maria-Theresien-Platz. The museum and the Natural History Museum have similar exteriors and face each other across the square. The museum was built along with the latter museum by Franz Joseph I from 1871 to 1891.

ウィーン ViennaLatest Posts (Category)