Now stay home but someday travel

(地元ワイン生産者が開く酒場)ホイリゲ Heuriger

(地元ワイン生産者が開く酒場)ホイリゲ Heuriger

(観光おすすめ度★★★★★)ホイリゲは、オーストリア東部の地元のワイン生産者がワインの新酒を出す酒場です。
Heuriger taverns are taverns serving new wine by local winemakers in Eastern Austria.

Heuriger
Heuriger
Heuriger
Heuriger

ホイリゲは「今年のワインの新酒」を意味する言葉の略語です。ホイリゲの始まりは、18世紀にさかのぼります。神聖ローマ帝国皇帝ヨーゼフ2世は、1784年に自家製のワインやジュースの販売と提供を許可する制令を出しました。最初は、レストランとの競合を避けるため、食べ物の提供はできませんでした。人々は、食べ物を持参し、ワインを飲みました。今日では、ホイリゲは、食べ物と飲み物の両方を提供しています。
Heuriger is the abbreviation of the words meaning the wine of this year. The beginning dates from the 18th century. In 1784 Joseph II of the Holy Roman Empire issued a decree that permitted all residents to open to sell and serve wine and juices produced by themselves. No food could be sold in order to prevent competition with restaurants at first. People would bring along food and drink the new wine. Nowadays the taverns offer both food and drinks.

オーストリア AustriaLatest Posts (Category)